2013年3月1日金曜日

BCGの対象年齢が変更されます(平成25年4月1日以降)

 平成25年4月1日から、BCGの対象年齢が「生後3ヶ月から1歳になる前々日まで」に延長されます。標準的な接種年齢は「生後5ヶ月以上、8ヶ月未満」です。

 したがって、ヒブ・小児用肺炎球菌・四種混合(以上は定期接種)、ロタ・B型肝炎(以上は任意接種)の各ワクチンを先に終えて、BCGを後に回すことができるようになります。接種スケジュールの作成がだいぶ楽になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿