2018年11月27日火曜日

感染症情報(2018年11月後半)

・かぜ(上気道炎)が流行しています。主な症状は咳と鼻水で、熱を伴うこともあります。
・溶連菌による咽頭扁桃炎(のどかぜ)が増えています。主な症状は熱と咽頭痛です。
・A型インフルエンザが市内一ヶ所の保育園で流行中です。地域全体への広がりはありません。本格的な流行はだいぶ先(年明け?)と見込まれます。
・伝染性紅斑(リンゴ病)と手足口病が市内の一部の保育園で今もまだ流行中です。
・胃腸炎にかかる子どもが増えてきました。主な症状は発熱、嘔吐、下痢です(軽度の場合は下痢のみ)。ノロウイルスも原因の一つと思われます。
・RSウイルスが散見されます。乳幼児がかかると細気管支炎になり、激しい咳と喘鳴を生じることがあります。呼吸が苦しそうに見えたら、早めに受診してください。
・百日咳が小学生の間で散見されます。長引く咳や嘔吐を伴う激しい咳は要注意です。
・水ぼうそうとおたふくかぜの発生は散発的です。ワクチンの二回接種をお勧めします。
・麻疹は過去11年間、当院で発生ゼロです。今年、神奈川県で5件の報告があります。
・風疹は過去14年間、当院でゼロです。しかし8月以来、全国規模で流行しています。今年、神奈川県で296件(全国で2032件)の報告があります。2012〜13年の流行時と似た状況になってきました。感染者の多くは30〜50代のワクチン未接種の男性です。妊婦が風疹にかかると赤ちゃんに先天性風疹症候群を生じる危険があります。1歳と就学1年前の二回、MRワクチンを接種しましょう。成人でワクチン接種を希望される方は、大和市健康づくり推進課にお問い合わせください。条件によって補助金を支給される場合があります。成人で血液中の風疹抗体価の測定を希望される方は、神奈川県厚木保健福祉事務所大和センターにお問い合わせください。条件によって補助金を支給される場合があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿