2019年10月25日金曜日

当院のインフルエンザ治療方針(2019〜20年)、一部改訂

 当院は日本小児科学会の指針にほぼ準拠してインフルエンザの治療を行います。
・インフルエンザの重症化のリスクが高い場合(乳幼児、基礎疾患を持つ人)、抗インフルエンザ薬による治療を行います。
・リスクが高くなくても、抗インフルエンザ薬による治療を行います。ただし、インフルエンザの多くは自然治癒するため、抗インフルエンザ薬の投与は必須ではありません。
・インフルエンザの検査は、インフルエンザの診断に必須ではありません。検査の精度には限界があります(特に発症早期は偽陰性が多いです)。流行状況・接触歴や診察所見からインフルエンザと「臨床診断」する場合もあります。臨床診断にもとづいて抗インフルエンザ薬を投与する場合もあります。
・当院が推奨する抗インフルエンザ薬は、効果と安全性が確立しているタミフル、リレンザです。イナビル、ゾフルーザは小児への有効性が未確定のため、今年は使用を見合わせます。漢方薬の麻黄湯は、抗インフルエンザ薬の代替療法として有用です。
・インフルエンザ罹患中に異常行動による事故が時々報告されます。タミフルとの関連が疑われた時期がありましたが、現在では完全に否定されています。異常行動の原因は、インフルエンザウイルスによる一過性の脳炎です。インフルエンザ罹患中は、抗インフルエンザ薬の種類や服用の有無に関係なく異常行動が生じうるので、発症から少なくとも2日間は子どもを一人きりにしない、窓の鍵を確実に閉めるなど、転落や飛び出しなどの事故防止策を徹底してください(12月27日、追記)。

2019年10月1日火曜日

インフルエンザワクチンの予約を終了いたします

 9月5日(木)にインフルエンザワクチンの予約を開始しましたところ、10月1日(火)をもちまして予約枠552名分がすべて埋まりました。本日、予約を終了させていただきます。ご希望に沿えなかった皆様には心よりお詫び申し上げます。なお、キャンセルが出た場合は、あらためて少数の予約を承ることがございます。その場合はホームページ「お知らせ」に掲示いたします。
 今年度のインフルエンザワクチンの料金は、10月1日を過ぎましても消費税8%の設定で頂戴しております。