2020年2月2日日曜日

新型コロナウイルス感染症(第2報)

 日本における新型コロナウイルスの感染者が20名に達しました(2月2日時点)。この先まだまだ拡大しそうな勢いです。今後の最新情報にご注意ください。正確な情報を信頼できる情報源から得ることが大切です。風説(憶測やデマ)に惑わされてパニックに陥らぬよう、十分にお気をつけください。

 新型コロナウイルス感染症に関して、現時点で判っていることを最新の英論文(New Engl J Med)から引用します。武漢市で最初に発症した425名のデータです。
・潜伏期間は4.1〜7.0日(最大でおおよそ12.5日)
・感染力は強い … 1人の感染者から1.4〜3.9人(インフルエンザと同等)
・小児の感染者は少ない … 15歳未満はゼロ。感染者の平均年齢は59歳。理由は不明

 その他の情報もあげておきます。
・重症者は少ない … 日本における死亡者はゼロ。中国の死亡率だけが突出して高い
・感染しても発症しない人(無症状病原体保有者)がいる

 新型コロナウイルスの感染様式は、感染者の咳やくしゃみの飛沫に含まれるウイルスを吸い込む「飛沫感染」と、飛沫のついたものに手を触れそこから口などに入る「接触感染」です。感染者と衣食住を共にしたり、2メートル以内で会話したりすると、感染の危険性が高まります(濃厚接触といいます)。麻疹や水痘のような「空気感染」の可能性は低く、感染者が立ち寄った場所に行くだけで感染することはまずありません。冷静に対応しましょう。

 コロナウイルスは風邪ウイルスの一つですので、一般的な風邪対策は有効です。ウイルスをうつされない(感染予防)、他人にうつさない(感染拡大予防)ための基本的な対策を以下にあげます。インフルエンザの対策とほぼ変わりありません。
・マスク着用 … 感染予防の効果は限定的です(ウイルスが通過しない特殊なサージカルマスクのみ有効です)。一方で、感染拡大予防としての効果は絶大です。当院を受診される際はマスクを必ずご着用ください。
・手洗い … 感染予防になります。20秒間ほど洗いましょう。コロナウイルスは人体を離れて物体に付着したまま24時間ほど生存できるようです。したがって、電車の釣り革、エレベーターのボタンに触れた後など、こまめに手洗いするとよいです。アルコール消毒も有効です。
・うがい … 効果は限定的ですが、感染予防になります。こまめにしましょう。
・十分な休息と睡眠 … これが風邪対策の基本です。実は非常に重要です。

 神奈川県は新型コロナウイルスに関する電話相談窓口を設けました。連絡先は045-285-0536です。平日8時30分から17時15分、土日休日10時から16時に受け付けています。

 発熱と呼吸器症状があって、武漢市への渡航歴があるか、「武漢市への渡航歴があり発熱かつ呼吸器症状を有する人」と接触歴のある人は、新型コロナウイルス感染症の疑い例になりますので、医療機関を直接受診せず、必ず事前に医療機関や保健所に電話連絡して指示を仰いでください。大和市域では厚木保健福祉事務所大和センター(046-261-2948)が電話相談の窓口になります。

追記:第三報を「院長のコラム」に掲示しました(2月12日)。ご参考になさってください。

0 件のコメント:

コメントを投稿