2020年5月22日金曜日

小児の新型コロナウイルス感染症

 小児の新型コロナウイルス感染症の多くは無症状〜軽症です。ほとんどは自宅安静と風邪の治療で治ります。特別な薬は不要です。ただし急性呼吸不全の徴候が現れたら (息苦しい、ぐったりしている)、躊躇なく医療機関を受診してください。詳しくは「院長のコラム」をご参照ください。

 コロナウイルスは風邪ウイルスの一つですので、一般的な風邪対策が有効です。感染様式は「飛沫感染」と「接触感染」です。麻疹のような「空気感染」はありません(ウイルスが空気に運ばれてフワフワと漂ってくることはありません)。主な対策としては …
 (1) マスク着用 … 咳やくしゃみのある方は、マスクを必ずご着用ください。マスクを着用できない場合、タオルなどを口にあてて、飛沫の拡散を防いでください。周囲の人への「優しさと心づかい」が、新型コロナウイルスを撃退するためのキーワードです。
 (2) 手洗い … 流水で20〜30秒間、洗い流します。アルコール消毒も有用です。こまめな手指消毒が、新型コロナウイルスの感染予防の上で最も重要です。
 (3) 十分な休息と睡眠 … これが感染予防の基本です。実は非常に重要です。
 予防接種と乳幼児健診は大切です。できる限り予定どおりに実施してください。予防接種を遅らせることは疾病予防上、望ましくありません。生まれて間もない赤ちゃんは、生後2ヶ月からのスタートダッシュを! 1歳の誕生日を迎えた子どもは、麻疹・風疹などの「お誕生日ワクチン」を!

2020年5月14日木曜日

感染症情報(2020年5月前半)

・ 溶連菌感染症、胃腸炎、インフルエンザは、全国一斉休校の影響で、ほとんど見られなくなりました。かぜ(上気道炎)はときどき見られます。
・ 新型コロナウイルスの流行に関して、神奈川県は蔓延期(フェーズ2)の手前でとどまっています。感染拡大防止の効果が出ているようです。咳エチケットを守ること、ウイルスをやりとりしやすい「密閉空間(むんむん)、密集場所(ぎゅうぎゅう)、密接場面(がやがや)」の三密を避けること、各自が体調をしっかり管理して不調時は無理しないことを引き続き心がけましょう。当院における新型コロナウイルス感染者は現時点でゼロです。大和市内での5月1〜15日の間の感染者は、6日に報告された1名のみです。
・ 欧米で川崎病と新型コロナウイルス感染症との関係が疑われていますが、日本および近隣諸国では欧米のような症例の発生は確認されておらず、川崎病と新型コロナウイルス感染症の関係を積極的に示唆できる情報は得られていません。
・ 水ぼうそう、おたふくかぜともに流行はありません。
・ 麻疹が散発的に出ています。今年、神奈川県ではゼロですが、全国で9件の報告があります。風疹も散発的に出ています。今年、神奈川県で7件(全国で75件)の報告があります。麻疹、風疹ともに、感染者の多くはワクチン接種歴がないか不明の成人です。妊婦が風疹に罹ると、赤ちゃんに先天性風疹症候群を生じる危険があります。昨年、4件の報告がありました。1歳と就学1年前の2回、MRワクチンを接種しましょう。成人で風疹ワクチンを一回も接種していないか、一回しか接種していない場合、ぜひ二回接種を行ってください(ただし、女性は妊娠中に接種できません。接種後2ヶ月は避妊が必要です)。風疹の流行を止める唯一の手段はワクチンの普及です。昨年4月から成人男性(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性)を対象とした抗体価測定(無料)とワクチン接種(無料、定期接種)が開始されました。該当する方は検査とワクチンをご考慮ください。当院においても受け付けています。また大和市は、市内在住で19歳以上の女性(妊娠を希望する方。妊婦または妊娠の可能性がある方は除く)とその配偶者に対して、MRワクチン接種の一部公費助成を行っています。当院においても受け付けしています。詳細は大和市役所にお尋ねください。

2020年5月11日月曜日

夏の診療予定 … 概ねカレンダーどおりです

 皆様にお配りしていた「診療予定表」の一部を改訂いたします。
 (1)  7月22〜27日:夏休みを予定していましたが、診療を行います。22日(水)と25日(土)は午前診療(8:30〜12:00)、27日(月)は一日診療(8:30〜12:00、15:00〜17:30)です。予防接種と乳幼児健診も承ります。23日(木)と24日(金)は祝日のため休診いたします。
 (2)  8月14〜15日(金・土):夏休みをいただきます。
 (3)  8月29日(土):日本外来小児科学会が中止されたため、通常どおり診療を行います。
 したがいまして、7〜8月も概ねカレンダーどおりです。例外は二点。7月22日(水)は休診日ですが、臨時に午前診療を行います。8月14日(金)、15日(土)は休診いたします。

2020年4月24日金曜日

新型コロナウイルス:「大和ウォークスルーPCR検査場」

 大和市と大和市医師会の共同事業として、新型コロナウイルス感染症が疑われる方(主に軽症者)へのPCR検査を4月28日から開始いたします。実施日は4月28日、30日、5月1日と、5月7日以降の毎週月〜土曜日です。時間は17〜19時、場所は大和市役所敷地内の駐車場です。期間は「当面の間」としています。対象は、市内の医療機関で診療を受けて「要検査」と判断された方です。予約伝票と専用の診療情報提供書を発行しますので、これを持参の上で受検してください。人が集まることによる感染リスクを避けるために、対象者以外の検査は行いません。ご了承をお願いいたします。

 これまで保健所(帰国者・接触者相談センター)の処理能力がまったく足りず、検査を適切かつ迅速に受けられない状態が続いていました。今回の事業により、速度の大幅な向上が見込まれます。検査結果は2〜3日で判明します。結果は主治医から連絡いたします。

 なお(ここが大切ですが)、PCR検査の感度は最大70%とされています。感染者の30%は検査で陰性と誤判定されます。したがって、PCR検査が陰性であっても新型コロナウイルスの感染を否定することになりません。もしも発熱や呼吸器症状が持続する場合、リスクを伴う行動(人との接触や外出など)を決してとらずに自宅療養を続け、主治医の指示を仰いでください。以上の理由から、会社や学校の「陰性証明」としてPCR検査を利用できないことをご理解ください。

 追記(5月10日):
 帰国者・接触者相談センターに相談する基準が大幅に緩和されました。従来の「37.5℃以上の発熱が4日以上」などが見直され、以下のように改められました。
・高熱、強いだるさ、息苦しさなど強い症状がある場合、直ちに
・重症化しやすい人(高齢者や基礎疾患保有者)および妊婦は、比較的軽い風邪の症状(発熱、咳など)がある場合、直ちに
・比較的軽い風邪の症状(発熱、咳など)が続く場合、とくに症状が4日以上続けば必ず

 ただし小児の風邪は、新型コロナウイルス感染症でなくても、4日以上の症状が続くことがあります。現時点で、風邪の大半は季節性のウイルス感染症と思われますので、病状が軽い場合は決して慌てず冷静に向き合ってください。

 病状の重い場合(高熱、呼吸困難、強い倦怠感)につきましては、帰国者・接触者相談センターに急いで連絡して指示を仰いでください(045-285-1015、24時間対応)。

 追記(5月15日):
 本日の時点で、大和ウォークスルーPCR検査場における新型コロナウイルス陽性者はゼロです。

2020年4月17日金曜日

常用薬を使用中の慢性疾患の方へ:電話等による再診を行います

 新型コロナウイルス感染症の拡大に際して、電話などを用いた診療の時限的・特例的な取扱いが認められています。
 常用薬を使用中の慢性疾患(気管支喘息、慢性気管支炎、アレルギー性鼻炎・花粉症、アトピー性皮膚炎、夜尿症、便秘症、頭痛など)の方で、現在の病状が安定している場合、電話再診(046-277-3030)や保護者の来院で薬を処方することができます。
 どうぞご利用ください。

2020年4月13日月曜日

感染拡大防止のためのお願い

 当院は感染拡大防止に細心の注意を払いながら、平常どおりの診療を行っています。ご来院くださる皆様には、安心・安全な待合室と診察室を維持するために、以下のご協力をよろしくお願い申し上げます。

1. 二週間以内に海外から帰国された方、新型コロナウイルス感染者との接触が疑われる方、集団発生があった場所を訪れた方、発熱と呼吸器症状が4日以上持続している方は、院内に直接入らず、帰国者・接触者相談センターへのご連絡をお願いいたします。帰国者・接触者相談センターの電話番号が4月22日から変更されます(045-285-1015、24時間対応)。新型コロナウイルス感染症専用ダイヤルはそのまま継続されます(045-285-0536、9〜21時)。

2. 待合室で適切な間隔(2メートル)を確保するために、最小限の人数でご来院ください。一人の子どもには片親だけが付き添う、元気な兄姉は(留守番が可能であれば)自宅にとどまる、等のご協力をお願いいたします。4月24日時点で、待合室は空いていますので、十分な間隔をとることができています。室内の換気にも努めています。

3. 咳エチケットの一つとして、マスクの着用をお願いしています。マスクが無いか、マスクを着用できない乳幼児の場合、ハンドタオルやハンカチで口元を覆い、咳やくしゃみの飛沫を散らさぬ工夫をお願いいたします。

4. 予約制(順番待ちシステム)をご活用ください。ご自分の順番が近づいた時点でご来院いただければ、待合室で過ごす時間が短くなります。

5. 予防接種と乳幼児健診は、一般の診療とは別の時間帯に行っています。もしも一般の診療の時間帯に来られる場合、乳幼児は別室で待機できるように配慮いたします。予防接種を遅らせることは、病気に感染する危険を増やすことになります。ぜひ、受けるべき時期にしっかり受けてください。

6. 慢性疾患(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・花粉症、アトピー性皮膚炎、夜尿症、便秘症、頭痛など)の治療中で、病状が安定している方につきましては、電話再診などをご利用いただけます。現在の状態を電話で説明していただくか、保護者の方だけが来院して直接説明していただくか … どちらの方式も可です。

2020年4月1日水曜日

乳幼児健診の予約枠を増やしました。土曜日の午前にも行います。

 当院の乳幼児健診(8ヶ月児、1歳6ヶ月児)は、毎週火曜日の午後2〜3時に行っています。第2、4火曜日に栄養士による栄養相談も併設しています。
 このたび、乳幼児健診の枠を土曜日の午前にも拡大しました。これまで平日の受診が難しかった方、火曜日の枠に入れなかった方にも、受診の機会を提供できるようにいたしました。風邪などの感染を避けるために、待合室は一般とは別にいたします。ぜひご利用ください。
 なお、栄養相談のない日(第1、3、5火曜日および土曜日)に健診を受けられる方は、別途、栄養相談の予約を承ります。

* 第一報(4月1日)で「午後」の実施と記しましたが、「午前」の実施に訂正いたします。