2015年4月3日金曜日

子どもの総合医

 平成27年4月1日、「子どもの総合医;地域総合小児医療認定医」を取得いたしました。この資格は「子どもを守るために以下の責務を果たすことのできる小児科専門医」と規定されています。
・ 地域の子どもの健全な心身の発育のために育児支援を行い、医療・保健・福祉の推進に寄与する。
・ 障害のある子どもを含め、子どもの代弁者として、すべての子どもと家族が適切な身体的・精神的・社会的支援を受けることができるように寄与する。
・ 子どもが適切な医療・保健・福祉を継続して受けられるように、医療機関、行政機関、教育機関、地域社会などの「子どもの関わる人々」とのネットワークを構築し、その中心的な役割を果たす。
・ 救急・時間外診療を含めた地域の一次・二次医療を実践する。病状によっては、専門医療機関とも適切に連携する。
・ 健康増進の啓発活動、教育、調査・研究活動を行う。
・ 地域の子どもを守るために地域政策へ積極的に貢献する。
 これらの理念は、当院が開業以来ずっと目指してきたことです。専門医の取得は、長年にわたる活動が評価された結果と考えています。これからも皆様の健康のお役に立てる小児科玉井クリニックであるように努めてまいります。

0 件のコメント:

コメントを投稿