2016年1月16日土曜日

抗インフルエンザ薬の予防投与

 家族の何方かがインフルエンザを発症した場合、抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ、イナビル)の予防投与が可能かどうか、お尋ねいただくことが時々あります。予防投与の対象者は原則として、(1) 高齢者(65歳以上)、(2) 慢性呼吸器疾患または慢性心疾患を持つ方、(3) 代謝性疾患(糖尿病など)を持つ方、(4) 腎機能障害を持つ方 に限られます。そのような場合も保険診療は適用されず、自費診療の扱いです。ただし、受験や大切なイベントを控えているなど特別な事情があれば、生来健康な方にも抗インフルエンザ薬の処方を配慮いたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿