2020年4月13日月曜日

感染拡大防止のためのお願い

 当院は感染拡大防止に細心の注意を払いながら、平常どおりの診療を行っています。ご来院くださる皆様には、安心・安全な待合室と診察室を維持するために、以下のご協力をよろしくお願い申し上げます。

1. 二週間以内に海外から帰国された方、新型コロナウイルス感染者との接触が疑われる方、集団発生があった場所を訪れた方、発熱と呼吸器症状が4日以上持続している方は、院内に直接入らず、帰国者・接触者相談センターへのご連絡をお願いいたします。帰国者・接触者相談センターの電話番号が4月22日から変更されます(045-285-1015、24時間対応)。新型コロナウイルス感染症専用ダイヤルはそのまま継続されます(045-285-0536、9〜21時)。

2. 待合室で適切な間隔(2メートル)を確保するために、最小限の人数でご来院ください。一人の子どもには片親だけが付き添う、元気な兄姉は(留守番が可能であれば)自宅にとどまる、等のご協力をお願いいたします。4月24日時点で、待合室は空いていますので、十分な間隔をとることができています。室内の換気にも努めています。

3. 咳エチケットの一つとして、マスクの着用をお願いしています。マスクが無いか、マスクを着用できない乳幼児の場合、ハンドタオルやハンカチで口元を覆い、咳やくしゃみの飛沫を散らさぬ工夫をお願いいたします。

4. 予約制(順番待ちシステム)をご活用ください。ご自分の順番が近づいた時点でご来院いただければ、待合室で過ごす時間が短くなります。

5. 予防接種と乳幼児健診は、一般の診療とは別の時間帯に行っています。もしも一般の診療の時間帯に来られる場合、乳幼児は別室で待機できるように配慮いたします。予防接種を遅らせることは、病気に感染する危険を増やすことになります。ぜひ、受けるべき時期にしっかり受けてください。

6. 慢性疾患(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・花粉症、アトピー性皮膚炎、夜尿症、便秘症、頭痛など)の治療中で、病状が安定している方につきましては、電話再診などをご利用いただけます。現在の状態を電話で説明していただくか、保護者の方だけが来院して直接説明していただくか … どちらの方式も可です。

0 件のコメント:

コメントを投稿