2021年2月28日日曜日

土曜日午前に予防接種と乳幼児健診を行っています

 お仕事のご都合などで平日に来院できない方のために、土曜日午前にも予防接種と乳幼児健診を予約制で行っています。感染防止のために別の待合室でお待ちいただくように計らいます。どうぞご利用ください。

2021年2月22日月曜日

新型コロナウイルスワクチン情報 (2)

  新型コロナワクチンの接種が217日に始まりました。ワクチンの有効性のみならず安全性に対する関心が今後いっそう高まると思います。「新型コロナワクチンの副反応の報道をどのように捉えればよいか」について、優れた論説が出ています。玉井も本論説の内容に全面的に同意します。どうぞご一読ください。

 https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210221-00223746/

2021年2月14日日曜日

新型コロナウイルスワクチン情報(1)

 新型コロナウイルスワクチン(ファイザー製)が214日、日本で正式に承認されました。国内の日本人に行われた治験で、ウイルスの働きを抑える中和抗体の増加が海外の治験と同程度に確認された一方、副反応の疑いがある重篤な有害事象は特段、見られなかったということです。ただし、ワクチンの成分に重いアレルギーを有する人は接種不適当とされています。妊娠中の女性や体力が落ちている高齢者については、有益性が危険性を上回ると判断される場合に接種可能とされています。なお、新型コロナウイルスワクチンに関する優れた解説記事がYahooのウェブサイトに掲載されていますので、ぜひご参照ください(https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210214-00222168/)。

 当院もワクチン接種を行う施設として、神奈川県に登録を済ませています。65歳以上の方々への接種開始は41日以降の予定です。当院かかりつけの子どもたちのご家族をはじめとして、ご希望される皆様に接種できるように準備を進めてまいります。

 世界最速のペースで接種が進むイスラエルでは、国民の約4割が12回の接種を終えました。優先接種の対象となった高齢者や基礎疾患保有者で、発症の劇的な低下が見られています。現時点で、ワクチンの有効率は93%と報告されています。接種部位の痛みや腫れは起こりえますが、重篤な副反応はほぼありません。管理された臨床試験ではない「実戦」の場でも、ワクチンの有効性が示されたことになります。今後は集団免疫の獲得により、新型コロナウイルスの流行が抑えられることが大いに期待されます。