2023年1月31日火曜日

感染症情報(2023年1月後半)

・急性上気道炎(かぜ)が乳幼児・学童の間で流行しています。主症状は鼻水と咳です。短期間の発熱を伴うこともあります。現在、発熱外来で診察する子どもの原因疾患は、かぜ > インフルエンザ > 新型コロナ の順です。

・溶連菌、アデノウイルスによる急性上気道炎が散見されます。

・急性胃腸炎(ノロウイルス等)が流行しています。主症状は嘔吐、発熱、腹痛、下痢です。嘔吐物や便に触れた手を石鹸と流水でよく洗うことが、感染拡大防止に役立ちます。

・インフルエンザ(A型)の流行が本格化しました。今後さらに増える見通しです(例年、流行期間のピークは6週間です)。主症状は発熱、倦怠感、頭痛、関節痛、咽頭痛、咳、鼻水です。マスク着用、手洗い励行など、感染拡大防止対策は新型コロナウイルスと同じです。

・新型コロナウイルス感染症(第8波)の感染者数は減少傾向にあります。しかし収束にはまだ時間がかかりそうです。小児における新型コロナ感染症の主症状は、13日間の発熱と倦怠感で、咽頭痛、頭痛、咳、鼻水、下痢等を伴うことがあります。漢方薬(麻黄湯、葛根湯など)が発熱期間の短縮にしばしば有効です。重症化率はきわめて低いですが、基礎疾患(慢性肺疾患、心疾患、腎疾患、糖尿病など)を持つ小児は要注意です。「新型コロナウイルス感染症の20歳未満の死亡例における疫学調査」が国立感染症研究所から報告されています(https://www.niid.go.jp/niid/ja/2019-ncov/2559-cfeir/11480-20-2022-8-31.html)。基礎疾患のない症例にも死亡例が出ています。主な死因は、心筋炎、急性脳症、肺炎、多臓器不全などです。死亡例の多くはワクチン未接種でした。ワクチンには重症化阻止効果がありますので、接種を推奨いたします。生後6ヶ月から接種できます。

・水ぼうそう、おたふくかぜの流行はありません。

・麻疹6名、風疹15名が昨年、全国で報告されました(神奈川県内の麻疹1名、風疹1名が含まれます)。感染者の多くはワクチン接種歴がないか不明の成人です。妊婦が風疹に罹ると、赤ちゃんに先天性風疹症候群を生じる危険があります。2000年以降、70例の報告があります。1歳と就学1年前の2回、MRワクチンを接種しましょう。成人で風疹ワクチンを一回も接種していないか、一回しか接種していない場合、ぜひ二回接種を行ってください(ただし、女性は妊娠中に接種できません。接種後2ヶ月は避妊が必要です)。風疹の流行を止める唯一の手段はワクチンの普及です。成人男性(昭和3742日から昭和5441日までに生まれた男性)を対象とした抗体価測定(無料)とワクチン接種(無料、定期接種)が国の施策により行われています。本制度の期限が2023331日までに延長されました。該当する方は検査とワクチン接種をご考慮ください。当院においても受け付けています。また大和市は、市内在住で19歳以上の妊娠を希望する女性(妊婦または妊娠の可能性がある方は除く)とその配偶者に対して、MRワクチン接種の一部公費助成を行っています。当院においても受け付けしています。接種前に申請が必要です。詳細は大和市役所にお尋ねください。

2022年12月24日土曜日

新型コロナワクチン情報 (66) 〜 12月24日 〜

 成人用(12歳以上、当院は50歳まで、オミクロン株「BA.4/5」対応、ファイザー製)の予約枠を328日まで設定しました。従来株のワクチンを2回以上接種した1250歳の方(35回目の接種者)が対象です。前回接種から3ヶ月以上の間隔が必要です。接種日時は930分〜11時(火曜日)です。

 小児用(511歳、ファイザー製、有効成分量は成人用の1/3)の予約枠を325日まで設定しました。13回目の接種者が対象です。初回接種(12回目)は3週間以上の間隔、追加接種(3回目)は2回目から5ヶ月以上3ヶ月ではありません)の間隔が必要です。接種日時は930分〜11時(土曜日)です。

 乳幼児用(6ヶ月〜4歳、ファイザー製、有効成分量は成人用の1/10)の予約枠を324日まで設定しました。13回目の接種者が対象です。初回接種(12、3回目)のうち、1回目から2回目まで3週間以上の間隔、2回目から3回目まで8週間以上の間隔が必要です。接種日時は、930分〜11時(木・金曜日)です。時間帯を930分と10時の二つに区切っています。

 当院の接種予約は「大和市予約システム」を通じて行っています。市役所ホームページをご参照ください。当院の電話や窓口での受付は行っておりません。

 神奈川県小児科医会・日本小児科学会神奈川県地方会の資料によりますと、国内における10歳未満、10代の新型コロナによる死亡者数は、オミクロン株流行前はそれぞれ0例、3例でしたが、オミクロン株流行以降の7ヶ月で、それぞれ8例、6例の死亡が報告されています。小児へのワクチン接種は、感染防止効果・重症化阻止効果だけでなく、感染に対する不安・ストレスの軽減、集団生活や学びの制約の改善が期待できます。

2022年12月18日日曜日

花粉症情報(2022/23年 第1報)

 2023年のスギ・ヒノキ花粉情報の第一報です。

 花粉の飛散量の予測値は、前年68月の最高気温や日射量をもとに計算されます。東日本における来年の飛散量は「2022年や過去10年の平均値よりもかなり多い」と予想されています。

 花粉の飛散開始時期は、前年11月以降の気温の推移によって決まります。東日本における来年の飛散開始時期は「例年並みかやや遅い2月中旬」と予想されています。

 当院はアレルゲン免疫療法を行っています。花粉症を根本から治そうという取り組みです。毎年の花粉症にお悩みの方はどうぞご相談くださいhttp://tamai-kids.blogspot.com/2020/11/blog-post.html

2022年12月6日火曜日

四種混合ワクチンの接種開始月齢の早期化

 四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)ワクチンの接種開始月齢が、202341日から、生後3ヶ月から生後2ヶ月に変更されます。したがいまして、他のワクチン(ヒブ・肺炎球菌・B型肝炎・ロタ)と同時に接種を始めることができます。

 生後早期に百日咳にかかると生命に危険が及ぶことがあり、四種混合ワクチンの早期化は望ましい措置といえます。

2022年12月4日日曜日

子宮頸がん予防ワクチンが2023年4月に更新されます

 子宮頸がん予防ワクチン(ヒトパピローマウイルス = HPVワクチン)の定期接種が、202341日から更新されます。従来は4価ワクチン(HPV 16, 18, 6, 11型)で、子宮頸がんの70%を防止することができました。今後は9価ワクチン4価に加えてHPV 31, 33, 45, 52, 58型)に変わり、子宮頸がんの90%を防止できるようになります。

 2023331日までに4価ワクチンの1回または2回接種を済まされた方は、残りの回数で9価ワクチンを接種することができます

 定期接種の対象年齢は小学6年〜高校1年です。接種機会を逃した方(199742日〜200641日生まれの女性)も、20253月までの間、定期接種として無料で受けられます。当院は年齢に関わらず、対象となる方にワクチンを接種いたします。

2022年12月1日木曜日

新型コロナウイルス感染症の飲み薬について 2

 新型コロナウイルスの内服薬「ゾコーバ」が緊急承認されました。投与の対象となるのは「12歳以上の重症化リスクが低い軽症・中等症の患者」です。妊婦に使用できず、飲み合わせ禁忌の薬が36種類あるため、注意が必要です。

 ゾコーバを発症から72時間以内に服用すると、症状改善までの時間が短くなるとされています。具体的には、発熱、倦怠感、鼻水・鼻づまり、咽頭痛、咳が、薬を飲まない場合の8日間から、飲んだ場合は7日間に短縮されます。重症化を防止する効果については、未だ確認されていません。治療の選択肢が増えることは喜ばしいですが、軽症者に対しては従来の対症療法で十分かもしれません。中等症では症状の改善に役立つことが期待されます。

 「緊急承認」とは1年間の期限付き免許です。有効性および安全性に係る情報は限られており、使用には説明と文書による同意が求められます。販売当初は登録された医療機関だけが処方できます。当院は登録をしていませんので、現時点では処方できません。今後の使用につきましては、慎重に判断してまいります。

2022年10月28日金曜日

発熱外来の体制について(改訂版) 〜 10月28日 〜

・発熱外来の予約を電話のみで承ります。通常の順番待ちシステムによる予約(300番台)や直接の来院で承ることはできません。

・発熱外来の開始時刻は、一般外来の込み具合により日々変動します。おおよその目安は、午前11時過ぎ、午後4時過ぎです(遅れる場合もあります)。ご予約を電話で承る際、来院いただく時間をご案内いたします。

・発熱外来の人数に上限を設定させていただきます。午前枠が満杯になりましたら、午後枠にご案内いたします。

・一般外来(非発熱疾患、予防接種・健診など)を午前8時半〜11時、午後34時に行います。時間内にご来院できない方につきましては、発熱外来の終了後に診療いたします。開始時刻のおおよその目安は、午前1145分過ぎ、午後5時過ぎです(遅れる場合もあります)。電話でご確認ください。

・込み合う時期は、電話がつながりにくいことがあります。ご了承をお願いいたします。なお、診療時間前(830分以前)は電話による対応を行っておりません。

ご来院のうえで直接に対面する診療が原則ですが、電話による診療にも対応いたします。

・発熱しているお子様はマスクをご着用ください。マスクを着用できない低年齢の方は、ハンドタオルなどをご持参ください。飛沫感染の防止にご協力をお願いいたします。