2024年2月21日水曜日

ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンが2024年4月から新しくなります

・四種混合ワクチン (ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ) とヒブワクチンが一体化され、五種混合ワクチンになります。注射の本数が一つ減ります。

・肺炎球菌ワクチンが13価から15に換わります。約100種類の血清型のうち、重症化しやすい15種類の型を含むワクチンです。13価よりも優れた予防効果を期待できます。

五種混合ワクチン15価 肺炎球菌ワクチンは、2024年4月から定期接種の位置づけになります。従来の四種混合ワクチン + ヒブワクチンを一度でも接種した場合、途中から五種混合ワクチンに変更することはできません。残り回数の接種は、四種混合ワクチン + ヒブワクチンをそのまま継続することになります。従来の13価 肺炎球菌ワクチンを一度でも接種した場合、こちらは途中から15価 肺炎球菌ワクチンに変更することができます。

・五種混合ワクチンと15価 肺炎球菌ワクチンは、従来の皮下接種に加えて筋肉内接種も認可されています。筋肉内接種の方が接種部位の腫脹・発赤・硬結の発生頻度が大幅に低いため、当院は筋肉内接種を採用いたします。筋肉内接種が皮下接種よりも劣る点はとくにありません。

2024年2月14日水曜日

感染症情報(2024年2月前半)

・急性上気道炎(かぜ)が流行しています。主症状は数日間続く鼻水と咳で、13日間の発熱を伴うことがあります。

・アデノウイルスの流行は収束しつつあります。

・溶連菌による急性咽頭炎が学童の間で散見されます。主症状は発熱と咽頭痛です。

・急性胃腸炎(主にノロウイルス)が流行しています。主症状は嘔吐、発熱、腹痛、下痢です。

・B型インフルエンザが急増しています。一方で、A型インフルエンザは急減しています。神奈川県の定点医療機関におけるインフルエンザの報告数は1週間に25.16人です。当院では1週間に40人前後で、「警報レベル」を超えています(ほとんどがB型です)。大和市内の小中学校でB型が流行し、学級閉鎖が続出しています。主症状は発熱、頭痛、倦怠感、関節痛、咽頭痛、咳、鼻水などです。

・新型コロナウイルス感染症は横ばいか減少ぎみです。神奈川県の定点医療機関における報告数は1週間に14.61人です。当院では1週間に10人前後です。主症状はインフルエンザと同様で、症状から両者を区別することは困難です。

・水ぼうそうが一部の保育園で症流行しています。おたふくかぜの流行はありません。

・昨年、全国で麻疹28名、風疹12名(神奈川県でそれぞれ1名、2名)が報告されました。今年1月中旬までの報告数はゼロです。感染者の多くはワクチン接種歴がないか不明の成人です。妊婦が風疹に罹ると、赤ちゃんに先天性風疹症候群を生じる危険があります。2000年以降、70名の報告があります。1歳と就学1年前の2回、MRワクチンを接種しましょう。成人で風疹ワクチンを一回も接種していないか、一回しか接種していない場合、ぜひ二回接種を行ってください(ただし、女性は妊娠中に接種できません。接種後2ヶ月は避妊が必要です)。風疹の流行を止める唯一の手段はワクチンの普及です。成人男性(昭和3742日から昭和5441日までに生まれた男性)を対象とした抗体価測定(無料)とワクチン接種(無料、定期接種)が国の施策により行われています。該当する方は検査とワクチン接種をご考慮ください。当院においても受け付けています。また大和市は、市内在住で19歳以上の妊娠を希望する女性(妊婦または妊娠の可能性がある方は除く)とその配偶者に対して、MRワクチン接種の一部公費助成を行っています。当院においても受け付けしています。接種前に申請が必要です。詳細は大和市役所にお尋ねください。

スギ・ヒノキ花粉情報(2024年2月、第二報)

 2024年のスギ・ヒノキ花粉情報の第二報です。

 今年のスギ花粉の飛散量は「2023年より少なくなるものの、平年(過去10年の平均)と比べると、平年並みか平年をやや上回る」と予想されています。

 南関東では2月9日に本格的な飛散が始まりました。この先、気温の上昇により飛散量が一気に増える日もあると見込まれます。症状の出やすい方は花粉対策が必要でしょう。

 当院はアレルゲン免疫療法を行っています。花粉症を根本から治そうという取り組みです。毎年の花粉症にお悩みの方はどうぞご相談ください(http://tamai-kids.blogspot.com/2020/11/blog-post.html

2024年1月26日金曜日

麻疹・風疹(MR)ワクチンの予約を窓口または電話で承ります

麻疹・風疹(MR)ワクチンが極度の品不足に陥っており、在庫数を確認しながら予約を承っています。当分の間、予約をネットではなく電話(046-277-3030)または窓口で受け付けます。

なお、BCGワクチンの制約はなくなりました。従来どおり、ネットで予約できます。

2024年1月21日日曜日

新型コロナワクチン「秋開始接種」(第3報)

 オミクロン株XBB.1.5対応ワクチンの「秋開始接種」が実施中です。期間は202310月から20243月までです。国(厚労省)が行う無料接種は3月末日をもって終了します。

ご予約は「大和市予約システム」をご利用ください。窓口では承っておりません。

当院の接種日

乳幼児用(6ヶ月〜4歳)… 126日、29日、216日、38日、3月22

小児用(511歳)… 127日、2月10日、224日、39日、3月23