2021年10月15日金曜日

感染症情報(2021年10月前半)

・急性上気道炎(かぜ)が保育園、幼稚園、小学校で流行中です。主症状は鼻水と咳です。12日間の発熱、痰がらみの強い咳と喘鳴を生じる場合があります。

・RSウイルスによる気管支炎は9月以降、ほとんど見られなくなりました。

・溶連菌感染症に伴う「のどかぜ」が増えてきました。主症状は発熱と咽頭痛です。

・胃腸炎をときどき見かけます。主な症状は嘔吐と下痢で、発熱を伴う場合もあります。

・新型コロナウイルスの大和市内での10月(15日まで)の感染者数は24名です。直近の10日間、1日あたり02人で推移しています。10歳未満と10代の感染者数はそれぞれ1名です(直近10日間の報告はゼロです)2名ともに軽症です。流行の第5波は収束しましたが、今後の社会・経済活動の活発化に伴い、第6波が生じる可能性は高いです。ワクチン接種のさらなる推進、マスクや手洗いなど基本的対策の継続が必要です。ワクチンには発症防止と重症化阻止の効果があります。新型コロナウイルスの征圧のために、接種率の向上が望まれます。

・大和市における新型コロナウイルス感染者の本年、月別数を掲載いたします。括弧内は10歳未満児の人数です。1795名(28名)、272名(3名)、363名(1名)、4108名(2名)、5151名(3名)、6125名(13名)、7382名(30名)、81656名(109名)9 536名(38名)。

・水ぼうそう、おたふくかぜの流行はありません。現在、おたふくかぜワクチンが不足しています。ワクチンの製造過程に問題を生じ、出荷が停止されたためです。少量ずつでも入荷できるように努めています。11月頃から出荷量が増えることが見込まれています。なお、現在出回っているワクチンの品質に問題はありませんので、すでに予約されている方は安心して接種をお受けください。

・麻疹の発生報告は全国で4名、風疹は全国で11名(神奈川県で1名)です。感染者の多くはワクチン接種歴がないか不明の成人です。妊婦が風疹に罹ると、赤ちゃんに先天性風疹症候群を生じる危険があります。昨年、1名の報告がありました。1歳と就学1年前の2回、MRワクチンを接種しましょう。成人で風疹ワクチンを一回も接種していないか、一回しか接種していない場合、ぜひ二回接種を行ってください(ただし、女性は妊娠中に接種できません。接種後2ヶ月は避妊が必要です)。風疹の流行を止める唯一の手段はワクチンの普及です。成人男性(昭和3742日から昭和5441日までに生まれた男性)を対象とした抗体価測定(無料)とワクチン接種(無料、定期接種)が国の施策により行われています。本制度の期限は2022331日とされています。該当する方は検査とワクチン接種をご考慮ください。当院においても受け付けています。また大和市は、市内在住で19歳以上の妊娠を希望する女性(妊婦または妊娠の可能性がある方は除く)とその配偶者に対して、MRワクチン接種の一部公費助成を行っています。当院においても受け付けしています。接種前に申請が必要です。詳細は大和市役所にお尋ねください。

2021年10月6日水曜日

発熱診療等医療機関

 当院は「発熱診療等医療機関」として神奈川県に指定されています。小児の発熱患者さんを診療しています。必要と判断される場合、インフルエンザ、RSウイルス、アデノウイルス、溶連菌、新型コロナウイルス等の迅速診断を行います。

 発熱患者さんを診療する際、動線の分離が重要です。お子様ならびに家族のどなたかが発熱している場合、必ず事前に電話連絡をお願いいたします。別室にご案内いたします。

 当院は、空気清浄機やパーティションを各所に設置し、院内の換気とアルコール消毒をこまめに実施し、マスク着用と手指消毒とソーシャル・ディスタンシングをご励行いただいております。また、非発熱患者さんと発熱患者さんの待合場所を分けております。

新型コロナワクチン情報 (27)  〜10月9日〜

 当院の接種予約は大和市予約システムを通じて行っています。電話や窓口での受付は行っておりません。現在、11月30日(火)までの予約枠を設置しております。予約枠が一杯になっても、キャンセルが入ることが時々あります(10〜11月に空き枠がいくつかあります)。随時ご参照ください。なお、ファイザー製ワクチンの供給量が11月以降、大幅に減少することが国から各自治体に通知されています。今後の見通しがつくまでの間、当院は12月1日以降の予約枠の設置を見合わせています。ご了承をお願いいたします。

 当院の新型コロナウイルスワクチンの接種対応時間は、午前9時00分〜11時30分午後2時30分〜5時00分(第2、4火曜日は午後3時00分〜5時00分)です。午前9時と午後2時30分ちょうどにご来院いただく必要はありません。上記の時間内でしたら、いつお越しいただいても結構です。遅れそうな場合、電話連絡をいただけましたらお待ちいたします。もし電話連絡がなく、締切時間を10分以上過ぎましたら、キャンセル扱いにさせていただきます。

 新型コロナウイルス感染症を征圧するためには、できるだけ多くの方々がワクチンを接種して免疫を有することが大切です。ワクチン接種率が8〜9割を超えること、ワクチン接種後も感染予防対策を継続することが、新型コロナウイルス感染症を抑える決め手になります。ワクチン接種を躊躇する若い世代の方々に向けた山中伸弥・京大教授のビデオメッセージをお届けします(https://www.youtube.com/watch?v=4wkFeO61nuk)。接種の優先順位は「新型コロナワクチン > インフルエンザワクチン」です。新型コロナワクチンは、他のワクチンとの同時接種が認められていません。新型コロナワクチンの2回目接種から2週間以上あければ、インフルエンザワクチンを接種できます。当院のインフルエンザワクチンを予約された方で、新型コロナワクチン接種によりインフルエンザワクチンを延期せざるを得ない方につきましては、1112月にインフルエンザワクチンの特別接種枠を設ける予定です。延期をご希望の方は電話または窓口でお申し出ください。

 10月4日、米国内344万人の大規模データの解析結果が学術専門誌(Lancet)に掲載されました。ワクチンの感染予防効果は、2回目接種後1ヶ月以内は88%のところ、半年後には47%と大きく低下しています。しかし重症化阻止効果(入院を防ぐ効果)は、接種から半年後も90%台の高い数値が維持されています。日本においては、新型コロナウイルス感染症における致死率が第4波で1.9%であったところ、第5波で0.2%に低下しました。第5波では高齢者における重症者が大きく減っていることが特徴で、ワクチン接種の効果が現れていると推測されます。

2021年10月5日火曜日

インフルエンザワクチンの追加予約 〜11月上旬の予定〜

  インフルエンザワクチンの追加供給を11月8日頃に受けられそうです。それに合わせまして、インフルエンザワクチンの追加予約を承ります。11月上旬に詳細が決まりましたら、院内・ホームページ・順番待ちテロップに掲示いたします。

 現時点で、どのくらいの量が供給されるか判っておりません。今季のワクチン製造量は例年の3割減といわれており、十分な量が確保されない場合もありますことをご了承ください。