2024年4月14日日曜日

感染症情報(2024年4月前半)

・急性上気道炎(かぜ)が流行しています。主症状は数日間続く鼻水と咳です。

・溶連菌による急性咽頭炎が幼児・学童の間で流行しています。主症状は発熱と咽頭痛です。

・RSウイルス、ヒトメタニューモウイルスによる急性細気管支炎が乳幼児の間で流行しています。主症状は発熱、激しい咳、喘鳴、呼吸困難です。入院治療を要する場合もあります。

・伝染性紅斑(リンゴ病)が散見されるようになりました。主症状は頬の紅斑です。

・急性胃腸炎(主にノロウイルス)が散見されます。主症状は嘔吐、発熱、腹痛、下痢です。

・B型インフルエンザは急減していますが、A型インフルエンザが再び現れました。神奈川県の定点医療機関における報告数は1週間に4.36人です。当院では1週間に510人です。

・新型コロナウイルス感染症の第10波は収束に向かっています。神奈川県の定点医療機関における報告数は1週間に3.22人で、9週連続の減少です。当院でも1週間に23人です。

・水痘(水ぼうそう)が幼児・学童の間で散見されます。おたふくかぜ流行はありません。

・麻疹は43日現在、全国で21名の報告があります(神奈川県内はゼロです)。ヨーロッパで麻疹の報告数が流行し、重症例や死亡例も確認されています。今後、訪日客の増加に伴い輸入症例がさらに増加することが懸念されます。麻疹は約1000人に1人が死亡する重い病気です。感染力が非常に高く、1人の感染者から1218人がうつされます。インフルエンザが13人ですから、麻疹の感染力の高さをご理解いただけるかと思います。

・風疹は43日現在、全国で2名の報告があります(神奈川県内はゼロです)。妊婦が風疹に罹ると、赤ちゃんに先天性風疹症候群を生じる危険があります。2000年以降、70名の報告があります。自身の健康を守るために、また社会に麻疹と風疹を蔓延させないために、1歳と就学1年前(56歳)の計2回、麻疹・風疹(MR)ワクチンを接種しましょう。

2024年4月1日月曜日

スギ・ヒノキ花粉情報(第四報)

 2024年のスギ・ヒノキ花粉情報の第四報です。

 スギ花粉の飛散はピークを過ぎました。しかし風の強い日や暖かい日には、まだ相当量が飛散しています。

 ヒノキ花粉の飛散が3月中旬に始まりました。4月中旬までピークが続く見込みです。

 花粉の本格的な飛散は、4月下旬に概ね収束する見込みです。ただ5月上旬までは、花粉がわずかに飛ぶ日があるでしょう。

 当院はアレルゲン免疫療法を行っています。花粉症を根本から治そうという取り組みです。毎年の花粉症にお悩みの方はどうぞご相談ください(http://tamai-kids.blogspot.com/2020/11/blog-post.html