2022年2月2日水曜日

新型コロナウイルス感染症:待機期間の短縮など(ルールの変更)

新型コロナウイルス感染症のルールがいくつか改定・変更されました。

(1) 濃厚接触者の待機期間が7日間に短縮されました。濃厚接触者とは、陽性者の同居者、陽性者との長時間の接触者(互いにマスク着用なしで1m以内、15分以上の接触)と定義されます。家族内に陽性者がいる場合、居室を分ける、マスクを着用するなどの感染対策を講じれば、最終接触日の翌日から7日間で待機期間は終了します。なお、濃厚接触者は以下の点にご留意ください:(a) 健康状態の自己観察、(b) 不要不急の外出を自粛する(食料の買い出しなどを除く)、(c) やむをえず外出する時はマスク着用と手指衛生に努める、(d) 公共交通機関の利用は控える、(e) 出勤、登校・登園、デイサービス・福祉施設などの利用は控える。

(2) 陽性でも無症状の場合、療養期間が7日間に短縮されました。陽性で症状(発熱など)がある場合、発症翌日から10経過し、最後の3日間が無症状であれば、療養期間が終了します。

(3) 自宅で行う抗原定性検査が陽性で、症状が軽ければ、医療機関を受診せずに、神奈川県の健康アシストを受けつつ自宅療養できることになりました。対象者は6〜49歳で基礎疾患の無い方です。詳細は県ホームページをご参照くださいhttps://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/ms/mt_report.html)。