2021年5月12日水曜日

新型コロナウイルスワクチン情報(8)

 日本で214日に新型コロナウイルスワクチンの接種が始まり、510日時点で医療従事者と高齢者に約473万回の接種が行われました。

 日本における副反応疑い例は、厚生労働省のホームページで確認することができます。現在、422日までの報告が掲載されています。急性アレルギー反応のアナフィラキシーについて、医療機関から580件の報告があり、このうち国際基準に該当するのは94件(女性85件、男性9件)でした。発生頻度は100万接種に37件と推定されます。女性に多い理由ははっきりしませんが、化粧品に用いられるポリエチレングリコールがファイザー製ワクチンに含まれることが可能性としてあげられています。アナフィラキシーと報告されたほぼ全ての例が軽快しています。約2万人を対象とした接種後健康調査によると、発熱、頭痛、倦怠感は2回目接種後に多くみられます(発熱38%、頭痛54%、倦怠感69%)。接種部位の痛みは12回目ともに90%以上です。発熱、頭痛、倦怠感、接種部位の痛みは、ワクチンの副反応として想定内の出来事です。現時点で、ワクチンの安全性に関する重大な懸念はありません。

 大和市では412日から高齢者施設に入所中の方への施設内接種が始まりました。517日から一般の高齢者(85歳以上の方)に向けた集団接種が始まります。524日から75歳以上の方に向けた集団/個別接種が始まります。65歳以上の方の開始日は未定です。当院で5月下旬から大和市の予約システム(http://www.city.yamato.lg.jp/web/shing/shing00000001_00011.html)を介して予約の受付を開始する予定です。詳細が決まり次第、ホームページに掲載いたします。

2021年5月2日日曜日

乳幼児健診、栄養相談のお知らせ

 当院は第二、四火曜日の1415時、乳幼児健診に併設して、江崎グリコ株式会社のご厚意により、専門の栄養士による栄養相談を行っています。乳幼児健診以外の方の相談も予約制で承ります。

 第一、第三、第五火曜日の乳幼児健診で、雪印ビーンスターク株式会社のご厚意により、「雪印ぴゅあ」サンプルをおひとり様に1個、進呈しています。