2021年3月28日日曜日

予防接種と乳幼児健診は大切です

 予防接種と乳幼児健診は、子どもの健やかな成長・発達を支えるための大切な医療です。新型コロナ禍の中でも、その重要性は変わりません。当院は感染予防対策を整えて、皆様の来院をお待ちしています。

 定期予防接種(ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、ロタ、四種混合、BCG、麻疹・風疹、水痘、ポリオ、ジフテリア・破傷風、HPV <子宮頸がん予防ワクチン>)は、住民票のある自治体で接種することが原則ですが、当院は大和市のほか、座間市と海老名市の定期予防接種も扱っています。任意予防接種(おたふくかぜ、A型肝炎、HPV9価 <シルガード9> など)は、居住地にかかわらず接種できます。

 乳幼児健診(8ヶ月児、16ヶ月児)は、住民票のある自治体で行うことが原則で、こちらは他市との相互乗り入れがありません。当院は大和市の乳幼児健診を扱っています。

 予防接種は月・木・金曜日の午後2〜3時に専用の時間帯を設けていますが、その曜日・時間帯に来られない方のために、どの曜日・時間帯でも接種いたします(待合室を一般外来とは別に分けます)。乳幼児健診は火曜日の午後2〜3時に専用の時間帯を設けていますが、その曜日・時間帯に来られない方のために、土曜日の午前にも行っています(待合室を一般外来とは別に分けます)。第2・4火曜日は、栄養士による栄養相談も合わせて行います。

0 件のコメント:

コメントを投稿